敏感肌のためのスキンケア方法

スキンケア

私は、大学を卒業し社会人になったころから肌が敏感に傾き始め、それ以来敏感肌に悩んできました。

そんな私の敏感な肌が最近、だいぶ落ち着いてきました。

その理由は、スキンケアの方法を試行錯誤しベストのスキンケア方法を見つけ、続けてきたからだと思います。

敏感肌にとって一番重要なことは肌に刺激を与えないこと

まず、敏感肌にとって一番重要なことは、とにかく「肌に刺激を与えないこと」です。

具体的には、洗顔の際、敏感肌用の洗顔料を使うことをオススメします。
その洗顔料を適量手のひらに取り、モコモコに泡立てましょう。

私は、より滑らかで、きめ細かい泡を短時間で作るために、泡立てネットを使用しています。
そのモコモコの泡を顔全体に広げ、決してゴシゴシ擦らず、手のひらと顔の間に泡のクッションを置いているようなイメージで優しく洗いましょう。

また、洗顔の際にはかける時間にも気をつけましょう。
ついつい、きちんと汚れが落ちているか心配で長時間洗ってしまいがちですが、時間としては一分程度でササッと洗うようにしましょう。

理由は、肌のうるおい成分は水で流しただけでも流れてしまうくらいなので、極力肌のうるおいを逃さず、汚れを落とすために短時間洗顔を心がけましょう。

洗い流す際には、ちょっとぬるすぎるかなと感じるくらいのぬるま湯で、決して肌を擦らず優しく丁寧に洗い流しましょう。

洗顔料の洗い残しがあると肌荒れの原因にもなりますし、敏感肌を悪化させてしまう原因にもなるので洗い残しがないようにしましょう。

特に、フェイスラインや生え際などに泡が残りやすいので、洗い流した後は鏡で泡が残ってないかチェックしましょう。

また、敏感肌の人は乾燥が気になる人も多いかと思います。

そのような人は、朝の洗顔の際には洗顔料を使わず、ぬるま湯で洗い流すぬるま湯洗顔にしましょう。

私も肌が特に敏感な時や乾燥を感じる時は、ぬるま湯洗顔にシフトするようにしています。
洗顔後のスキンケアですが、まず自分の肌に合った化粧水を手のひらに取り、顔に優しく押し当てるようになじませます。

アルコールフリーの化粧水を選びましょう

私は、肌がピリピリしやすいのでアルコールフリーの化粧水を使っています。
化粧水をつける際、コットンを利用してパッティングしたり手のひらでパッティングしたりする方もいらっしゃると思いますが、敏感肌の方には摩擦や刺激になってしまう恐れがあるので控えるようにしたほうが良いでしょう。

ポイントは、優しく、手のひらの体温で化粧水を浸透させるようなイメージで行うことです。

リラックス効果も期待できるので、オススメです。
化粧水の次は美容液などを使う人も多いと思います。

しかし、肌が敏感に傾いている時は控えたほうが良いでしょう。
なぜなら、美容液は有効成分が濃縮されているものが多く、敏感肌には刺激になってしまう恐れがあるからです。

美容液は、健康な肌につけるとその肌をより良い状態に高めてくれるものなので、敏感肌が落ち着いてから使うようにしましょう。
美容液だけではなく、スペシャルケアと言われているものは、基本的に肌が健康な状態の時に使用するものと考えて頂いていいと思います。

ついつい肌の調子が悪い時に、頼みの綱のような気持ちで使いがちですが、逆効果になる可能性が高いので、気をつけましょう。

化粧水の後におすすめなのが津田コスメの「スキンバリアバーム」

私は、化粧水の後はたった一つ、化粧品を塗るだけでスキンケアを完了しています。

このようなスキンケアを三ヶ月ほど続けたところ、敏感肌が改善され、肌が安定した状態をキープできるようになったのです。

その化粧品とは、津田コスメの「スキンバリアバーム」です。

皮膚科医の津田節子攝子医師が開発したもので、着色料、香料、防腐剤、抗菌剤、アルコール、界面活性剤、紫外線吸収剤、すべて不使用の肌に優しいバームです。
また、水を一滴も使わず、ビタミンやミネラルを配合した女性の肌に嬉しい処方です。

私は、朝は化粧水の後にクリーム兼下地として使用し、夜は化粧水の後に厚めに伸ばし、ナイトクリームのようにして利用しています。

日中は、ほこりやPM2.5や花粉から肌を守ってくれるので、敏感肌の力強い味方になります。

そして、夜は肌を守りながらうるおいを保ってくれます。
水を一滴も使っていないものなので、正直伸びも良くありませんし、テクスチャー面からみればあまり良いとは言えません。

しかし、それを超える効果の高さがあります。
肌を守ってくれていることが、肌の状態の変化から実感できますし、敏感肌にも安心の成分で作られているので、私にとって「スキンバリアバーム」はお守りコスメ的存在です。

そのため、旅行の時にも必ず持って行くようにしています。
敏感肌に悩む人には、ぜひ使ってみてほしい化粧品です。

背中ニキビを綺麗に治す方法はこちら

赤ら顔を隠すにはコントローラーとファンデーションが決め手!赤みを隠すメイクの仕方